厄介な不眠症の改善には通販の睡眠薬を使おう

不眠症

不眠症は、現在多くの人が悩んでいる睡眠障害の1つです。

「眠れない」「眠りが浅い」「夜中に何度も起きてしまう」「早朝に起き、それ以降眠れなくなる」などが代表的な症状で、十分な睡眠をとれなくなるのが特徴です。

その結果、倦怠感や意欲・集中力の低下、抑うつ、めまいなどの不調が日中にあらわれ、日常生活に支障をきたすようになります。

 

一時的に眠れなくなってしまうのはよくあることですが、多くの場合は時間が経つとまた眠れるようになります。

しかし、この状態が1ヶ月以上もの長い間続く場合があり、このような状態になると不眠症と判断されます。

あまりに長い期間不眠症が続くと、今度は不眠恐怖が生じて睡眠へのこだわりや緊張を引き起こし、余計に眠れない状態に陥ってしまいます。

そのため、不眠症はできるだけ早いうちに対策して、症状が悪化する悪循環に陥る前に改善するのが最適です。

 

不眠症には定義がある

不眠症には「長期間にわたって夜間の不眠が続き、日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下している場合」という具体的な定義があります。

この定義に当てはまった場合は不眠症の疑いが強くなり、反対に当てはまっていない場合は不眠症ではないと判断できます。

睡眠時間が短くなってしまうと、不眠症ではないかと不安になってしまう人もいますが、日中の生活に支障をきたすほどでなければ不眠症の可能性は低くなります。

ただ睡眠時間が短くなっただけでは不眠症ではないので、もしかしたら不眠症かもしれないと心配になっていた人はご安心ください。

ルネスタ・ジェネリック

50錠 定価¥4,500→販売価格¥4,050

100錠 定価¥9,000→販売価格¥7,290

ルネスタ・ジェネリック

ルネスタジェネリックはアモバンという睡眠薬同様に神経の鎮静効果があり、気分をリラックスさせることで眠りを誘発します。ふらつきなどの副作用も少なく、睡眠薬特有の服用後の口の苦味が少ないことから高い人気があります。なかなか寝付けない方や夜中に何度も起きてしまう、という症状にお悩みの方におすすめです。

ルネスタ・ジェネリックを購入する

 

不眠症で悩んでいる日本人はとても多い

現在の日本には、不眠症で悩んでいる人が年齢問わず大勢います。

2018年7月に全国の18~79歳の男女1万人を対象に行われた国際基準による不眠調査では、49.3%の人に不眠症の疑いがあるという結果が出ています。

年齢が高くなるごとに発症率が高くなる傾向があるといわれていましたが、最近では若年層の不眠症が深刻化しており、この調査では10~20代に不眠症の疑いがある人が多いことがわかりました。

30~50代が次に多く、不眠症は年齢に関係なく起きていることがよくわかります。

 

不眠症で悩んでいる人はどんどん増加しており、今後も不眠症で悩む人は増え続けることが予想されます。

最近では小学校低学年でも不眠症になるケースが増えており、深刻化してきているといえます。

もしかしたら不眠症かもしれないと感じたときは、インターネットで公開されている不眠症チェックを利用し、セルフチェックを行ってみましょう。

チェックの結果、不眠症の疑いがあると明らかになった場合は、通販の睡眠薬を活用するか専門のクリニックで適切な治療を受けましょう。

 

睡眠薬にはどんな種類と効果があるのか

不眠症の改善には、通販や病院で購入できる睡眠薬を使うのがもっとも確実です。

睡眠薬にはさまざまな種類がありますが、脳の機能を低下させて眠気を誘うものと自然な眠気を強くするものの2種類に大きく分けることができます。

どちらの種類も眠りにつきやすく効果があり、この効果によって睡眠をコントロールして症状を改善します。

現在使われている睡眠薬は、脳の機能を低下させて眠りにつきやすくするタイプのもので、このタイプの睡眠薬が一般的といえます。

高い睡眠効果が期待できますが、脳の機能に作用するのは不安という方は後者のタイプの睡眠薬を使用しましょう。

 

また、睡眠薬は効果時間によって「超短時間・短時間型」「中間型」「長時間型」に分類できます。

どのような不眠症に悩んでいるかで使用する睡眠薬も変化するので、睡眠薬のタイプだけでなく効果時間にも注目して選ぶ必要があります。

数ある睡眠薬のうち、使用している人が多く代表的といえるのは下記のとおりです。

医薬品名 ソクナイト バスピン ハイプロン ソミナー
有効成分 エスゾピクロン ブスピロン ザレプロン ドキシラミン
作用時間 約5時間 約6時間 約4時間 約24時間
通販価格 50錠 4,050円~ 200錠 5,400円~ 100錠 4,050円~ 200錠 7,200円~
詳細 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

ご紹介したもの以外にも、睡眠薬にはさまざまな種類があります。

自分が悩んでいる不眠症のタイプに合わせて、適切なものを選ばなければ満足のいく改善効果を得られませんので注意しましょう。

 

普段の生活習慣を整えるのも忘れずに

真面目な人

また、不眠症の改善にはただ睡眠薬を使うだけでなく、普段の生活習慣を改善するのも重要です。

睡眠薬を使った改善方法では、最終的に睡眠薬を使わなくても眠れる状態を目指します。

そのため、普段の生活習慣が不眠症になりやすいもののままでは、いつまで経っても睡眠薬を手放すことができず、不眠症を改善することができません。

不眠症になってしまったときは、睡眠薬での改善と平行して、生活習慣の見直しと改善も忘れずに行いましょう。

 

厚生労働省では、「就寝・起床時間を一定にする」「朝、起きたら太陽の光を浴びる」「夜、眠る前にリラックスする」という3つの方法を推奨しています。

これらの方法は、実践が簡単かつ効果が高いものなので、まずはこれら3つの方法で生活習慣を改善しましょう。

 

しかし、3つめの「夜、眠る前にリラックスする」方法には、少々注意が必要です。

不眠症で悩んでいる人のうち、30%の人は症状を改善するために寝酒をしているといわれています。

確かに寝る前にアルコールを摂取すると寝入りは良くなりますが、眠りが浅くなり、全体的な睡眠の質が低下してしまいます。

その結果、一度眠れても途中で目が覚めてしまいやすくなり、不眠症を改善するどころか悪化させてしまうおそれがあります。

寝酒ではなく、リラックスできる音楽を聴く・読書をする・ぬるめのお風呂に浸かるなどの方法で心身をリラックスさせるようにしましょう。

ルネスタ・ジェネリック

50錠 定価¥4,500→販売価格¥4,050

100錠 定価¥9,000→販売価格¥7,290

ルネスタ・ジェネリック

ルネスタジェネリックはアモバンという睡眠薬同様に神経の鎮静効果があり、気分をリラックスさせることで眠りを誘発します。

ふらつきなどの副作用も少なく、睡眠薬特有の服用後の口の苦味が少ないことから高い人気があります。

なかなか寝付けない方や夜中に何度も起きてしまう、という症状にお悩みの方におすすめです。

ルネスタ・ジェネリックを購入する

 

超短時間型・短時間型の睡眠薬の特徴

不眠症を治そう

超短時間型または短時間型の睡眠薬は、さまざまな睡眠薬の中でもっとも目にする機会が多いといえます。

即効性に優れており、服用してから短い時間で効き目があらわれはじめるのが特徴です。

超短時間型は服用してから10~30分ほど、短時間型は服用してから15~60分ほどで効果があらわれ、速やかに眠りへ誘います。

なかなか眠れない、寝付きが悪いといった場合に特に効果的なので、こういった悩みを抱えている人の間でよく使われています。

 

この種類の睡眠薬は、服用後、薬が抜け始める時間も短くなっています。

超短時間型は2~4時間、短時間型は6~10時間で血液に溶け込んでいる薬の濃度が半分になり、体から薬が抜けていきます。

薬の切れがよく、効果を翌日の朝に持ち越してしまう心配がないのですっきりと目覚められるのが魅力です。

また、途中で服用を中止してもそれに伴う副作用があまり出ないため、安心してお使いいただけます。

このような点があることから病院でも第一に選択されることが多く、使いやすい睡眠薬といえます。

 

ルネスタ・ジェネリック

50錠 定価¥4,500→販売価格¥4,050

100錠 定価¥9,000→販売価格¥7,290

ルネスタ・ジェネリック

ルネスタジェネリックはアモバンという睡眠薬同様に神経の鎮静効果があり、気分をリラックスさせることで眠りを誘発します。ふらつきなどの副作用も少なく、睡眠薬特有の服用後の口の苦味が少ないことから高い人気があります。なかなか寝付けない方や夜中に何度も起きてしまう、という症状にお悩みの方におすすめです。

ルネスタ・ジェネリックを購入する

 

中間型の睡眠薬の特徴

睡眠障害を解決する薬・錠剤

超短時間型・短時間型よりも効果時間が長く、長時間型よりも短いのが中間型の睡眠薬です。

服用後、30~60分ほどで効き目があらわれはじめることが多く、そこそこ長い時間にわたって眠りにつくことができます。

そのため、早朝に目が覚めてしまったり、一度眠ることができても途中で起きてしまうといった悩みを抱えている場合に効果的です。

しかし、場合によっては効果を翌日の朝へ持ち越してしまうことがあり、昼間の眠気やふらつきなどの症状を引き起こしてしまうので注意が必要です。

 

体から薬が抜け始める時間は、服用してから12~24時間後です。

ゆっくりと効き始めて、ゆっくりと薬が抜けていくため、超短時間型・短時間型の睡眠薬ほどの切れはありません。

4~5日ほどの時間をかけて効果が安定していくため、安定した効果を得られるようになるまでは少々時間がかかります。

超短時間型・短時間型の睡眠薬ではすぐに効果が切れてしまうけれど、長時間型ほどの効果はいらないという場合に適しています。

 

長時間型の睡眠薬の特徴

さまざまな睡眠薬の中で、もっとも長い時間効果を得られるのが長時間型の睡眠薬です。

持続性が非常に高く、1回服用すれば途中で目覚める心配がなく、ゆっくりと眠ることができます。

このような特徴があることから、早朝に目が覚めてしまうのを防ぎたいときに多く使われます。

また、不眠症の原因が抑うつや神経症状など精神的なものだった場合は、昼間の緊張や不安を和らげてこれらの症状を和らげる効果にも期待できます。

しかし、服用したタイミングによっては翌日の朝まで効果を持ち越してしまうこともあるので、服用するタイミングには少々注意が必要です。

 

服用後、薬が抜け始めるまでにかかる時間は24時間以上と長めです。

中間型以上にゆっくりと効いて、ゆっくりと抜けていくタイプの薬なので、即座に眠りにつきたい場合にはあまり適していません。

時間をかけて寝付きやすい土台を作っていくような働きに近く、効果が安定するまでには1週間以上かかる場合もあります。

 

自分に適している睡眠薬を選ぼう

不眠症の症状には、「寝付くまでに時間がかかる入眠障害」「何度も夜中に目が覚める中途覚醒」「早朝に目が覚め、以降眠れなくなる早朝覚醒」「眠りが浅く眠った感じがしない熟眠障害」の4つがあります。

このうち、睡眠薬が特に効果的なのは「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」の3つです。

自分に合っている睡眠薬を選ぶには、これらの症状のうち、どれに当てはまるかを考える必要があります。

 

入眠障害の場合、もっとも適しているのは超短時間型・短時間型の睡眠薬です。

先ほども説明したように、この種類の睡眠薬は即効性に優れており、速やかに眠りにつけるようにする効果があります。

この効果によって寝付きやすい状態へと導き、入眠障害の症状を改善します。

 

中途覚醒や早朝覚醒には、効果が持続しやすい中間型、長時間型のものが適しています。

中間型と長時間型の睡眠薬は、即効性はありませんが長い時間効果を得られるため、これらの症状の改善に適しています。

途中で目が覚めてしまう状態を改善して十分な睡眠時間を得られるようにし、中途覚醒や早朝覚醒の症状を改善します。

 

また、具体的な症状に注目する以外にも、不眠症で悩んでいる期間に合わせて選ぶ方法もあります。

一時的な不眠症状で悩んでいるのか、それとも慢性的な不眠症状で悩んでいるのかでも、適している睡眠薬は変化します。

前者の場合であれば超短時間型・短時間型の睡眠薬が適していますし、後者の場合は中間型、長時間型が適しているといえます。

ほかにも、慢性的な不眠には自然な眠気を強めるタイプのものも合っているのでそちらを使う手もあります。

 

いくら睡眠薬を使用しても、自分に適していないものでは効果的に不眠症を改善することができません。

それどころか、持ち越し効果をはじめとしたトラブルが発生しやすくなり、大変危険です。

安全に睡眠薬の効果を実感し、確実に不眠症を改善するためにも自分が悩んでいる症状に効果的なものを選んで使用しましょう。

 

睡眠薬は本当に通販で購入できる?

基本的に、睡眠薬は「医療用医薬品」という種類に分類されています。

この種類に分類される医薬品は、病院で医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

不眠症そのものも医師の診察を受け、もっとも適切な治療法を医師に選んでもらい、しっかりと治療を進めていくのが一番です。

そのため、睡眠薬は基本的に病院へ行き、適切な治療を進めながら服用するべきです。

 

しかし、現在では仕事や日常生活が忙しく、病院に行く時間をなかなか取れない人も増えてきています。

病院で睡眠薬を処方し続けてもらうことにより、金銭的な負担が大きくなってしまって不眠症の改善を行いにくくなってしまう場合もあります。

また、日本には精神科や心療内科に対してマイナスイメージを持っている人も多いので、できれば病院に出入りしているところを見られずに不眠症を改善したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような場合は、通販サイトを利用し、自宅で睡眠薬を手に入れましょう。

 

楽天やAmazonで購入できる睡眠薬

通販と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは楽天やAmazonといった有名なサイトだと思います。

これらの一般的な通販で購入できる睡眠薬は、薬局やドラッグストアなどの一般的なお店で販売されているものになります。

これらのお店で販売されている睡眠薬は、正確には睡眠改善薬といい、病院で処方してもらえる睡眠薬よりも効果が穏やかという特徴があります。

自然に近い形で眠りを誘う効果が期待できるため、ここが病院の睡眠薬との大きな違いになります。

主に一時的な不眠症に対して使われることが多いので、一時的な不眠症状で悩んでいる人はこういった市販の睡眠薬から試してみましょう。

 

一般的な通販で購入できる睡眠薬のうち、代表的といえるのがドリエルです。

ドリエルは楽天でもAmazonでも取り扱われており、実際に手にとっている人も多い製品です。

はじめて服用する人向けのトライアルタイプも作られているため、はじめて市販の睡眠薬を服用する人にも使いやすくなっています。

ドリエル以外の睡眠薬では、スリーピンやレスティ錠などの製品があり、どれも優しい作用で眠りにつきやすくしてくれます。

睡眠の質を高めて不眠症状を改善するサプリメントに近い睡眠薬も作られているため、そういった製品を選ぶこともできます。

 

楽天やAmazonで市販されている睡眠薬は、簡単に手に入れることができるかわりに、病院の睡眠薬ほどの強い効果はありません。

病院で処方してもらえるような、強い効果がある睡眠薬はこういった一般的な通販では購入できないので注意しましょう。

 

個人輸入代行で購入できる睡眠薬

すでに触れているように、基本的に高い効果がある睡眠薬は病院で処方してもらう必要があります。

どうしても通販でこういった睡眠薬を手に入れたい場合は、個人輸入代行の通販を利用しなくてはなりません。

この通販では、さまざまな医薬品を海外のお店から購入し、日本に送ってもらうことができます。

海外から睡眠薬を送ってもらうために必要な手続きや、海外薬局との連絡はサイトを運営しているスタッフがかわりに行ってくれます。

難しい専門知識や英語のスキルがなくても利用できるので、誰でも手軽に睡眠薬を注文できるのが魅力です。

本来なら処方箋が必要な睡眠薬も簡単に購入できるうえに、薬の価格も病院より安いので、睡眠薬を服用する際の金銭的な負担を軽減できます。

そのため、お得に医薬品を手に入れられる通販として注目を集めており、実際に利用する人も増えてきています。

 

個人輸入代行の通販には違法性はなく、海外から睡眠薬を購入しても基本的には問題ありません。

しかし、この通販で医薬品を購入するのは「個人での使用を目的としている場合」のみ、法律で認められています。

購入した睡眠薬を他の人に譲ったり、販売したりすると個人での使用の範疇を超えてしまい、法律に違反したことになってしまうので注意しましょう。

また、個人輸入代行の通販で購入した睡眠薬を使うときは完全に自己責任になってしまうので、その点にも気をつけなくてはなりません。

睡眠薬を安全に手に入れるためにも、個人輸入代行の通販を利用するときはどういった点に注意するべきなのか、事前に確認しておきましょう。

 

個人輸入代行の通販で手に入れられる睡眠薬のうち、代表的なものはルネスタです。

ルネスタは超短時間・短時間型の睡眠薬の1つで、アモバンという睡眠薬を改良して作られた製品です。

アモバンで問題になることが多かった苦味が抑えられており、もとになったアモバンよりも服用しやすくなっています。

また、安全性の面でも優れており、依存性が少ないので睡眠薬の依存性が気になる方も安心して服用できるのが特徴です。

 

現在では、さまざまな国でルネスタのジェネリック医薬品が数多く作られています。

日本ではまだあまり浸透していないジェネリック医薬品ですが、リーズナブルな価格で先に発売された薬と同じ効果を得られるのが魅力です。

ルネスタのジェネリック医薬品の場合、先に発売されたルネスタと同じ効果を安い価格で得られるので、睡眠薬代を無理なく抑えることができます。

金銭的な負担が気になる人や、よりお得に不眠症を改善したいと思っている人は、ルネスタのジェネリック医薬品を活用することをおすすめします。

 

管理人おすすめの個人輸入代行サイト

個人輸入代行の通販サイトは、最近話題になっておりたくさんのサイトが運営しています。

少し検索するだけでもたくさんのサイトが出てくるため、個人輸入代行がどれだけ多くの人に注目されているのかがよくわかります。

その中でも、私がおすすめしたいのが「ココロ薬局」という個人輸入代行サイトです。

 

ココロ薬局は、現在インターネット上で運営している大手個人輸入代行サイトの1つです。

2016年から運営を開始しており、悩んでいる症状や商品のカテゴリーから必要な医薬品を探せるように作られているのが特徴です。

サイト全体の作りも見やすいため、個人輸入代行に不慣れな人でも使いやすくなっています。

販売されている商品の種類は豊富で、睡眠薬もジェネリック医薬品を中心にさまざまなものを取り扱っているので自分に適したものを見つけやすくなっています。

単品で注文した場合でも、まとめて注文した場合でも、比較的安い価格で睡眠薬を手に入れられるのでお得です。

 

ココロ薬局で、もっともおすすめしたいのが商品の注文方法が多いことです。

多くの個人輸入代行サイトでは、商品の注文はメールだけに限られており、場合によっては即座に返信をもらえないことがあります。

これに対し、ココロ薬局さんではメール注文と電話注文、2つの注文方法が用意されています。

自分がより利用しやすいと感じる方法を選んで注文できるので、ほかの通販サイトよりもスムーズに睡眠薬を購入できます。

注文した商品は、配送番号検索欄から配送状況を確認できるため、今注文した睡眠薬がどこにあるのか確かめることも可能です。

 

さまざまな個人輸入代行サイトのうち、ココロ薬局は安心して利用できるさまざまな工夫がされています。

電話で注文したときの対応も良く、はじめて睡眠薬を通販で購入する人も安心して利用することができます。

どのサイトを利用するか迷った場合や、通販ではじめて睡眠薬を購入する人はココロ薬局の利用を検討してみてください。

 

NO SLEEP NO LIFE『睡眠クリニック』の願い

不眠症は、年々悩んでいる人が増えているといっても過言ではない症状です。

特に、現在の日本は大きなストレスを抱える人が増えているため、十分に眠ることができずに心と体の健康を壊してしまう人は多くなっています。

管理人自身も仕事の忙しさから不眠症になったことがあり、同じ悩みを抱えてしまう人が少しでも減るようにこのサイトの運営を始めました。

 

不眠症に悩んでいた頃、どうにかして改善しようとさまざまな方法を試しましたが、やはり一番は病院で治療を受けることでした。

今、不眠症に悩んでいるけれど病院に行っていないという人は、できればまずは病院へ行き、専門の医師と相談しながら治療を頑張ってほしいと思います。

しかし、病院に行くのが難しい人や睡眠薬の代金が負担になってしまう人もいると聞き、睡眠薬を手軽に手に入れられる通販も紹介しています。

病院で処方してもらえる睡眠薬の値段が負担になってしまうと少しでも感じたら、ぜひ通販を活用してください。

 

記事一覧

・不眠症の原因 『NO SLEEP NO LIFE』

・不眠の原因は体内時計の乱れ? 『NO SLEEP NO LIFE』

・不眠症の改善策とは? 『NO SLEEP NO LIFE』

・不眠症は大きく分けて4種類 『NO SLEEP NO LIFE』