通販で取り扱っている睡眠薬のジェネリック医薬品って?

個人輸入代行のサービスを利用することによって、睡眠薬を安く購入することができるようになっていますが、

そこで多くの方が気になるのが、どうして個人輸入代行を利用することによって睡眠薬が安くなっているのかという事。

この記事では、睡眠薬を個人輸入代行サービスを利用して購入するとどうして安くなるのかについて紹介していきます。

個人輸入代行を利用して睡眠薬を安く購入できる理由としては

ジェネリック医薬品が豊富
診察費用がかからない

交通費が不要

といったものがあります。

病院で診察を受けて睡眠薬を処方してもらう場合を考えてみましょう。

病院が近ければ、交通費は不要ですがかかりつけの病院が遠方にある場合は、交通費が必要になります。

車で向かうとしても、当然ガソリン代などが発生するので、それなりの金額が必要になることには変わりません。

当然、病院で診察をしてもらう場合には、初めてなら初診料、二回目以降であれば診察費用がかかってきます。

ジェネリック医薬品を見る女性診察費用とと交通費、どちらの費用も1度で必要になる額はソコまで高くなることはありません。

しかし、処方してもらう回数が増えれば、その回数分だけ治療費も交通費も必要になるので
結果的に大きな出費になってしまっているという事は珍しくありません。

通販で睡眠薬を購入する場合は、病院での処方で必要になる診察費用などが完全に不要になります。

それだけでも結構な額の節約に繋がったりしますが、このページでは1番目に挙げた豊富なジェネリック医薬品に焦点を当てて紹介していきます。

そもそも、睡眠薬のジェネリック医薬品って何?

ジェネリック医薬品という言葉をテレビやインターネットを通じて目や耳にする機会は多くなっています。

その結果、ジェネリック医薬品がどういったものかはハッキリ理解していないけど何となく

「ジェネリック医薬品は安い」
といったことを認識している人は非常に多いでしょう。

しかし、医薬品が安いというのは、それだけでも不安材料となってしまうもの。

そこには「安かろう悪かろう」といった言葉が大きく影響していると言えます。

値段の安いものは品質が劣るといった意味であり、ジェネリック医薬品も安いことから品質が元となっている新薬よりも劣るのではないかと不安視されているわけです。

特に医薬品は、口に入るもので体に作用するものですから何かあってからでは遅いので、より安心して使えるものをと考えるのは当然でしょう。

それゆえに、ある程度高くても安全なものをと考えるのでしょう。

しかし、ジェネリック医薬品が安いから安心して使う事ができないというのも誤解と言えます。

  • ジェネリック医薬品がなぜ安いの?
  • 安いけど、大丈夫なの?

といった疑問についてお答えしていきます。

睡眠薬のジェネリック医薬品とその元となる薬の違いは?

成分を研究する助成先ず、知っておくべきことはジェネリック医薬品には必ず、元となる薬があるということ。
睡眠薬で言えば、当サイトでも紹介している

は、それぞれルネスタ、バスパーのジェネリック医薬品になります。

ルネスタ、バスパーがここでいう元となる薬というわけです。

基本的に、この元となる薬とジェネリック医薬品の違いというのはほとんどありません。
ルネスタとルネスタ・ジェネリックの有効成分は全く同じですから
薬の持つ効果や効能にも違いは全くありません。

違いがあるのが製造方法です。
薬の作り方が違っているだけで成分的には変わらない。

これが、ジェネリック医薬品とその元となる薬の違いなので
安心して使う事ができるわけです。

ジェネリックの睡眠薬が安い理由は?

新薬の研究風景配合されている有効成分が同じで、作り方が少し違うだけなのに
どうして価格は大きく違っているのでしょうか。

作り方が雑だから?なんてことを考えて不安になる方もいるでしょう。
実際に、私自身がそうだったのでその気持ちは痛いほどにわかります。
ですが、作り方が雑だから安くなっているというわけではありません。

安くなる理由は、開発にかかっているお金の有無です。

ジェネリック医薬品の元となる薬。
どのような薬であっても、その開発には
200~300億円もの費用が必要になるとされています。

それだけの費用をかけて新しく薬を作るので
新しく作られた薬には8年間の特許が与えられます。

この特許権によって、新しい薬を作った製薬会社が一時的に独占販売できるような状態になります。
その間に独占販売を行って、研究開発にかかった費用をまかない利益を上げるのが製薬会社なのです。
ですから、新しく作られた薬というのはそれなりに高めの価格設定がされています。

高くしすぎると、薬自体が売れずに元も子もなくなってしまいます。

しかし、効果が国に認められて独占権を手にすることができれば、少々強気の値段設定であっても

他には売ってないため、欲しい人は高くても買うほかありません。

8年の特許の保護期間が終了後は同じ成分や製法を用いて
効果などが全く変わらない治療薬を他の製薬会社も作って販売することができます。
これがジェネリック医薬品というわけですね。

この際、他の製薬会社は新しく薬を開発しているわけでなく、開発されたものと同じものを作るわけなので
研究や開発に費用が掛かることもありません。
莫大な額の費用が掛かっていないので、その研究開発の費用を薬の売上でまかなう必要がありません。
ですから、価格を抑えて販売できるわけです。

新薬を開発した製薬会社 ⇒ 研究費用が高い、独占販売だから高い

ジェネリックを販売する製薬会社 ⇒ 研究費用が掛かっていないので安い

こうした理由があるので、新薬に比べジェネリック医薬品は圧倒的に安い価格で購入することが可能となっています。