人気となっている睡眠薬の通販って?

睡眠薬の通販って使っても大丈夫?

ノートPCで個人輸入代行を使う様子

睡眠薬は通販でも簡単に購入できるようになっています。

私自身も、睡眠薬を使ってます。

以前は病院まで行って睡眠薬を処方してもらうのが普通でしたが今では通販で購入するのが基本になってます。

それぐらい通販で買うのは簡単ですし、何よりまとめて購入できるので

睡眠薬がなくなるたびに病院で処方してもらいに行く手間が全くかからないのが魅力です。

特に、日中は仕事をしているというような場合には、病院に行く時間がが中々とれないこともあると思います。

そんな悩みも、通販なら全く関係ありません!好きな時に好きなタイミングで購入できるからとても使い勝手が良いサービスです。

とはいっても、やっぱり気になるのは本当に通販で睡眠薬を買っても大丈夫なのかということ。

ここでは、そんな睡眠薬の通販について詳しく紹介していくので、睡眠薬の通販が気になっているという人は是非チェックしてください。

睡眠薬などの医薬品を通販で購入するのはアリ?ナシ?

まず、誰もが思うのが

  • 睡眠薬って通販で買えるの?
  • そもそも売っても問題ないの?
  • 買ったら犯罪になったりしない?

というような疑問です。

この疑問は当然のことといえます。

本来、医師の処方が必要となる処方箋医薬品である睡眠薬を処方箋なしで睡眠薬を購入するのは違法となります。

ですが、通販で普通に購入している人もいるわけです。

これが成立する理由としては睡眠薬の通販は通販のようで実は通販ではないからです。

普通に、処方箋が必要な医薬品を売買することは法律に触れます。当然それは通販でも同じです。

しかし、医薬品は個人で海外の製薬会社などから自分で使う分を輸入することは禁じられていません。

これは、個人輸入と呼ばれる手法で以前から利用されていました。

この手法で手に入れた医薬品を使う場合は当然、保証は何もなくなります。

輸入した医薬品の使用は全て自己責任となってしまいますが、欲しい医薬品を手にできるというのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

そんなメリットがある個人輸入ではありますが、実際に個人的に医薬品を輸入する場合には様々な困難もついて回ります。

それが、海外の製薬会社などと自らコンタクトをとって輸入する必要があることです。

コンタクトを取るのは当然、日本語ではなく外国語でのやりとりが必要になります。

勿論、外国や日本での薬の輸入にかかわる法律などについても知っておかなければなりません。

こうしたことから、個人的に海外から医薬品を輸入することはメリットもあるけど実際に使うとなると非常に困難が多い上に一つ一つの困難が大きいため現実的ではありませんでした。

そんな時に登場したのが、個人輸入の代行をしてくれるサービスです。

睡眠薬の通販は個人輸入代行の登場で一般的に

スマホで睡眠薬を選ぶ女性

医薬品を個人で輸入することは何も問題がないことは分かってもらえたと思います。
ですが、その分ハードルは非常に高いわけですね。

そこで登場したサービスが海外との煩わしいやり取りを全て代行してくれる
「個人輸入代行サービス」
です。

このサービスを利用することによって、海外から誰でも簡単に
医薬品を輸入することができるようになっています。
あくまでも輸入の代行であり、業者より商品を購入するわけではないので方にも触れないわけですね。

気を付けるべきポイント

海外から個人的に輸入することで欲しい医薬品を手にすることができますが
どんな医薬品でも輸入できるというわけではありません。

睡眠薬としても利用されていた「デパス」などは、個人的な輸入についても
禁止されるようになったため、今では通販でデパスを手にすることが不可能になっているわけです。

ですが、法律によって禁止されていない医薬品については、そうしたことがないので
簡単に購入できるわけです。

オススメの個人輸入代行サービス

私が数ある個人輸入代行サービスの中でもオススメしているのが
ココロ薬局さんです。

取り扱っている医薬品も非常に多く、普通の睡眠薬から人には相談しづらい悩みに効く薬まで
幅広い上に、サイトもかわいらしい感じなので、気に入ってます。
電話での注文もできるので、スマホやパソコンを使うのが煩わしい時は
電話で依頼して薬を手に入れられるのもポイント。

ネットからだと、数分かかる内容でも、電話で話せば数秒で終わって後は
睡眠薬が届くのを待っているだけでいいので、とてもお手軽です。

関連記事

個人輸入等でも見ることが多いジェネリック医薬品についてはこちらから